詫間中学校タイトルバー Topページへ

教育の構想

1.教育目標

ふるさとを愛し、誇りと志をもって未来を切り拓く生徒の育成

おのれの力を出しきって,みんなの力を出しあって,日々心豊かにたくましく

2.重点項目

確かな学力づくり

  • 学ぶ意欲の向上
  • 基礎的・基本的内容の定着

思いやりあふれる心づくり

  • 道徳教育の充実
  • 仲間づくり
  • 体験活動・地域連携

活力あふれる体力づくり

  • 生活リズムの確立
  • 基礎体力の向上
  • 顧問・副顧問の連携

3.重点課題

授業改善

  1. 話合い活動の積極的な実践
  2. 公開授業と相互参観
  3. 単元計画の見直し(考えさせる授業と教え込む授業のバランス)

道徳科の授業の工夫

  1. 発問と板書の充実
  2. 交流活動→考え、議論する道徳
  3. 学年団内の連携(授業研究、ローテーション)
  4. 評価の工夫

◎強みである「話合い活動」を通して、学習意欲の向上や学習内容の定着を図る

4.目指す生徒像・教師像

目指す生徒像

  1. 詫間を誇りに思える生徒
  2. 夢や目標を持ち、その実現のために努力し続ける生徒
  3. 自分のよさを認め、さらに伸ばそうとする生徒
  4. いじめや差別を許さず、思いやりの心をもって互いに支え合う生徒

目指す教師像

  1. 一人一人が高い志を持ち、常に研修し続ける教師
  2. 生徒一人一人の良さを見取り、さらに伸ばそうとする教師
  3. 同僚性を大切にし、さまざまな教育課題をチームで克服する教師
  4. 保護者や地域とのつながりを大切にする教師


homeサイトマップページのトップへ戻る