詫間中学校タイトルバー Topページへ

本校の沿革

年代   内     容
 昭和22.4.1  六三制実施と共に旧海軍航空隊補給工場跡に開校
初代 佐藤虎一校長着任
 昭和23.4.1  第二代 高橋与吉校長着任
 昭和25.11  運動場拡張
 昭和27.10.15  第三代 藤田晴夫校長着任
 昭和29.4  木造二階建校舎完成
 昭和30.4  木造平屋建校舎完成
 昭和32.6  特別教室完成(4教室)
 昭和32.7  公認50mプール完成
 昭和36.9.1  給食場完成
 昭和37.3.31  荘内中学校を統合し,大浜教場・箱浦教場とする
 昭和38.4.1  第四代 続木義雄校長着任
 昭和39.4.1  新校章制定 大浜・箱浦教場を廃し名実ともに統合
 昭和39.7.20  新館(鉄筋三階建)第一期・二期工工事完了
 昭和42.12.10  体育館完成 玄関西側並びに中庭造園完成
 昭和44.4.1  第五代 真鍋宗行校長着任
 昭和45.4.1  志々島中学校を統合し,志々島教場とする
 昭和46.3.29  寄宿舎「若竹寮」完成
 昭和46.4.1  志々島教場を廃し名実ともに統合
 第六代 三木立身校長着任
 昭和49.3.18  中庭西に「青春の広場」完成
 (昭和48年度卒業生寄贈)
 昭和50.4.1  運動場東側テニスコート2面・中庭テニスコート完成
 昭和50.12.1  宿日直廃止,耐火金庫,火災報知器設置
 昭和51.7.14  給食場に米飯ガス炊飯器完備
 昭和52.4.1  第七代 稲田 精校長着任
 昭和52.9.1  給食場増改築(10坪)
 昭和54.12.1  防球ネット120m完成
 昭和55.6.1  正門門扉・プール監視塔完成
 昭和56.4.1  第八代 安藤陽一校長着任
 昭和57.12.2  学校給食優良校として表彰
 (昭56ー57)県教委研究指定校
 昭和58.10.27  学校給食優良校として文部大臣表彰
 昭和59.8.27  校舎増改築起工式
 昭和60.6.30  特別教室(家2・理2・美2・音2・英・視・技・修)完成
 普通教室(9)完成
 昭和61.3.31  給食室・1階2階昇降口完成
 昭和61.6.30  管理棟(校長室・事務・職員・研修 ・相談2・印刷・放送)完成  
 昭和62.4.1  第九代 藤田武市校長着任
 昭和63.3.13  「生徒の信条」石碑除幕
 昭和63.3.15  武道館・クラブハウス完成
 昭和63.3.19  「語らいの広場」,国旗掲揚台,テニスコート,バレーコート,運動場,SB車庫,職員駐車場完成
 昭和63.3.19  体育館及び運動場便所完成
 昭和63.8.31  旧館1・2階改装
 平成元.2.7  体育館改装
 平成元.2.28  25mプール・プール横駐車場完成
 平成元.4.1   第十代 鳥取 亘校長着任
 平成2.4  生徒指導総合推進校として文部省研究指定を受ける
 平成3.3.31  パソコン教室設置
 平成3.4  第十一代 須藤忠直校長着任
 平成4.10.18  「学校保健統計調査」で文部大臣賞を受賞
 平成5.1.22  スクールバス新車購入
 平成5.4.1  第十二代 渡里光男校長着任
 平成6.5.28  ボランティア活動により日本善行会から表彰
 平成8.4.1  第十三代 香川敏夫校長着任
 平成10.4.1  第十四代 續木茂弘校長着任
 平成10.7.31  運動場に全天候型走路(タータン)完成
 平成14.4.1  第十五代 藤田善秋校長着任
 平成15.1.15  「良い歯の学校」香川県1位
 平成15.8.31  パソコン教室改修(41台設置)
 平成18.1.1  7町合併により校名を三豊市立詫間中学校に変更
 平成18.3.1  正門完成
 平成18.4.1  第十六代 資延文一校長着任
 平成18.6.12  生徒会の環境美化活動で環境大臣賞を受賞
 平成19.4.1  栄養教諭を中核とした学校・家庭・地域の連携による食育推進事業の文科省指定を受ける
 平成20.10.31  エレベーター完成
 平成21.4.  金銭教育の指定を受ける
 平成22.3.26  体育館完成
 平成24.4.1  第十七代 香川 浩一郎校長着任

homeサイトマップページのトップへ戻る